☆お知らせ☆ 床補修のアイディア

補修前の床

施工前の床

湿気が多い部屋とか、あまり換気をされない部屋の床(フローリング)の表面に

カビシミができることがあります。

古い床であれば、張り換えることも考えられますが、比較的新しい床の場合は、そうもいきません。

何とか安価に補修が出来ないかと、業者に相談したところ良い方法があるとの

施工後の床

施工後の床

ことで、今回お試しで施工してみました。

ペンキ処理です!!   施工前の床より少し濃い色のペンキを刷毛を使って

塗装していきます。濃淡は刷毛の塗り方で木目みたいな模様を作ってます!!

その後クリア塗装してます。表面を厚くベッタリと塗ってしまわないので、

元の木目もちゃんと残って、自然に近い仕上がりです。

何より工事費がとっても安価なのがうれしいですネ